サーチコンソールでGoogle検索結果から非表示にする方法

サーチコンソール

 

サイトの移転や記事の移転などで、サイトやURLをGoogle検索結果から削除したい場合があります。

こんな時は Google Search Consoleの旧版から削除を行います。

Google Search Consoleには3つの削除種類がある

Google Search ConsoleでGoogleの検索結果から非表示にする方法は以下の3種類があります。

キャッシュからのみ URL を削除する

キャッシュから URL を削除し、検索結果から URL を一時的に削除する

キャッシュを削除し、次で始まるすべての URL を一時的に非表示にする

Google Search ConsoleからURLを削除する方法

Googleサーチコンソールの旧版を表示します。

左側のGoogleインデックスにある「URLの削除」をクリック

サーチコンソール削除

一時的に非表示にするをクリック

開いたボックスに、削除したいURLを貼り付け「続行」をクリック。

サーチコンソール

  • キャッシュからのみ URL を削除する
  • キャッシュから URL を削除し、検索結果から URL を一時的に削除する
  • キャッシュを削除し、次で始まるすべての URL を一時的に非表示にする

から目的にあったものを選択します。

今回の目的が、サイトの移転や記事の移転であれば、「キャッシュを削除し、次で始まるすべての URL を一時的に非表示にする」を選びます。

申請が完了すると、リクエスト済みのURL一覧が表示されます。

なお、申請してすぐは「保留中」と表示 さて、1日程度で「削除されました」に変わります。

リクエスト済みURL

 

 

削除したURLを再登録する場合

Googleにインデックスされているかを確認します。

Googleの検索窓に

site:URL を入力します。

「site:」はGoogleにインデックスしているサイトを表示するコードです。

表示されていませんでしたので、Search Console にURLを登録します。

URL登録

Google Search Consoleの新版を表示させます。

Google Search Consoleの新版表示

URLを入力
インデックス確認

URLがGoogleに登録されていませんと表示される場合は、「インデックス登録をリクエスト」をクリック
インデックス登録

これでインデックス登録リクエストが完了しました。

なお、「URL は Google に登録されています」と表示されていればインデックス登録済みです。

Google Search ConsoleのURL削除は90日間

Google Search ConsoleでURLを削除したからといって、永久に削除されるわけではありません。

90日間後、クローラーが巡回し、新たに掲載している情報をインデックスします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA