アドセンス審査に落ちた場合に振り返る合格のポイント 2019年版

Adosense審査

アドセンスの審査方法が昨年から変わりました。

従来であれば、アドセンス審査用ブログを作成して審査を通せば、好きなサイトに自由にアドセンス広告を掲載できました。

しかし、昨年よりサイト毎の審査を受ける制度に変更。

審査するサイトが増えたため、アドセンス審査が緩くなった印象です。

そこで、アドセンス審査に落ちた方のために、合格するためのチェックポイントを解説します。

アドセンス審査に合格するためのチェックポイント

アドセンス審査に耐えうる形式を整えるためのチェックポイントを解説します。

独自ドメインで申請

アドセンスでは、独自ドメインで申請しましょう。

独自ドメインはレンタルサーバーと一緒に使います。

おすすめのレンタルサーバーは、コスパの良いXサーバー。

Xサーバーは、最初の入会時に独自ドメインを1個提供してくれます。

月額 1,000円で始められるので、Xサーバー開設と無料でもらえる独自ドメインで開始するのが良いでしょう。

↓ ↓ ↓
エックスサーバーの詳細はこちら

お問合せページの設置

不合格となったサイトにはお問合せページを作成していませんでした。

それ以降、「お問合せページ」を設置し、全て1回で合格しています。

お問合せページは、WordPressのプラグイン contact form 7でお手軽にお問い合わせフォームを作成できます。

プライバシーポリシーの設置

プライバシーポリシーの設置も必須です。

同じ内容で申請するとGoogleからコピペコンテンツとにらまれかねませんので、他の人のプライバシーポリシーの書き方を参考に工夫しましょう。
一般的には以下の3項目を記載

Google による広告での Cookie の利用方法
https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja

広告のカスタマイズでCookieを無効にできること
https://adssettings.google.com/u/0/authenticated?hl=ja

Googleプライバシーポリシーと規約
https://policies.google.com/privacy?hl=ja

運営者情報

プライバシーポリシーに含めてOKです。

サイトマップ設置

必須ではありませんが、Google XML Sitemaps プラグインは、自動でHTMLのサイトマップを生成してくれます。

審査通過後から使うのでせっちしておくと良いでしょう。

アドセンス審査用記事のクォリティー面

完成したサイトに見えるようカテゴリーは2つ程度設置

1記事あたりの文字数 最低 1,000文字以上

(ジンさんは新基準でも通っています)

記事は、コピペは厳禁です。

TVドラマなどは、低品質記事と見なされる可能性がありますので、TVドラマを取り上げる際には、あなた独自の視点で書いた記事や、ロケ地、出演俳優さん・女優さんの過去の作品など、他の方と違った内容で書くように心がけましょう。

アドセンス審査時の記事数は5記事以上

Googleが広告を掲載する基準に合致しているかのチェックでもあります。

このため、記事数は5記事以上入れて、作りかけのサイトに見えないように仕上げましょう。

AdSense コンテンツ ポリシーを遵守

AdSense プログラム ポリシーを守ることは重要です。

特にコンテンツ ポリシーを遵守しているかはご自身で確認してください。

https://support.google.com/adsense/answer/48182?hl=ja

「アダルト不可」「アルコール不可」などです。

また、アドセンスでは、「死者」など「死」など禁止されている言葉を含む記事ではアドセンスが表示されません。

こうした言葉を使っている場合は、類義語に置き換えて記載します。

アドセンス審査時に留意する点

アドセンス審査時にはアイキャッチ画像は入れて完成度を高め、記事の投稿を継続します。

アイキャッチ画像が無くても審査が通る場合もありますが。アイキャッチ画像が入った方が完成度が高いと評価されやすくなります。

アドセンス審査期間

上記の事項を守れば、アドセンス審査は難しくありません。

アドセンス申請してから半日から2週間程度で合格の通知が来るでしょう。

ご成功をお祈り申し上げます。

アドセンス審査に合格したら、記事をドンドンインデックスさせましょう。
 ↓ ↓ ↓

新しいサーチコンソールで記事をインデックス|記事投稿後にやるべきこと

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA