新しいサーチコンソールで記事をインデックス|記事投稿後にやるべきこと

サーチコンソール

 

記事を書いたら、すぐにGoogleに表示して欲しいですよね。

そこで、記事を書いたら、次はサーチコンソールで記事のURLをインデックス(登録)させましょう。

サーチコンソールも最近新しくなりました。

旧サーチコンソールでは、「Fetch as Google」というところから、Googleに記事をインデックスを依頼できました。

2018年12月からは新サーチコンソールとなり、「Fetch as Google」が無くなりました。

でも、ご安心下さい。

新サーチコンソールになって、記事のURLの登録ができなくなった分けではありません。

新サーチ尾コンソールでの登録する場所が変わっただけですので、ご安心下さい。

新Google Search Console(サーチコンソール)でURLをインデックスさせる方法

旧版サーチコンソール

旧サーチコンソールでは、URLのインデックスを依頼することが出来なくなりました。

新サーチコンソールに移動してから手続きを行います。

 

 

新サーチコンソールの左側にある「URL検査」をクリックします。

 

URL検査

上部の虫眼鏡がある場所に、登録したい記事のURLを貼り付けクリック。

 

URLインデックス

「Googleインデックスからデータを取得しています」が終わるのを待ちます。

 

サーチテスト

インデックス登録をリクエストをクリック

 

インデックス要請

「インデックス登録をリクエスト済み」と出ればOKです。

 

インデックス完了

数時間から1日程度でGoogleにインデックスされます。

Googleに記事のURLがインデックスされているか調べる方法

Googleの検索コマンドを利用します。

特定のサイトがインデックスされているか調査

site:URL

あなたの記事のURLをsite:の後ろに付けて、Googleで検索し、表示されていなければ、インデックスされていない状態です。

なお、何もインデックスされていないと、Search Consoleの記事の表示がなされます。

 

インデックス無し

そのほかにGoogleが解説している検索手法は

ソーシャル メディアを検索する
ソーシャル メディアで検索する単語の前に @ を付けます。例: @twitter

価格を検索する
数値の前に $ を付けます。例: カメラ $400

ハッシュタグを検索する
単語の前に「#」を付けます。例: #throwbackthursday

検索から語句を除外する
除外する語句の前に「-」を付けます。例: ジャガー 速さ -自動車

完全一致を検索する
単語や語句を引用符で囲みます。例: “世界一高い建築物”

数値の範囲内で検索する
2 つの数値の間に「..」を置きます。例: カメラ $50..$100

検索を結合する
各検索クエリの間に「OR」を置きます。例: マラソン OR レース

特定のサイトを検索する
サイトまたはドメインの前に「site:」を付けます。例: site:youtube.com または site:.gov

関連するサイトを検索する
既知のウェブアドレスの前に「related:」を付けます。例: related:time.com

Google でキャッシュされたバージョンのサイトを表示する
サイトのアドレスの前に「cache:」を付けます。

出典
https://support.google.com/websearch/answer/2466433?hl=ja

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります への対処方法
 ↓ ↓ ↓

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります への対処方法

1 COMMENT

FuGu21

こんにちは。
記事のインデックスの仕方、インデックスされているかの確認の方法、分かり易かったです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA