Adosense審査に合格するアドセンス記事の書き方

アドセンス記事の書き方

 

Adosense審査に合格するためには、あなたのサイトに広告を掲載する価値がある情報提供を行うのが望ましいですね。

あなたが知っている、または調べて内容をわかりやすく書いて上げれば、訪問頂く検索ユーザーのためになります。

しかし、検索ユーザーは、あなたのサイトをパッと見て、必要な情報が無ければ次のサイトに移ります。

そこで、アドセンス記事の書き方のテンプレートをご紹介します。

アドセンス記事の書き方 情報提供の場合

アドセンス記事で多い情報提供型のアドセンス記事の書き方を解説します。

さっと見るには下の図をご覧下さいね。

 

アドセンス記事基本構成

 

 

記事タイトル

記事タイトルには検索結果に表示されるようにキーワードを盛り込みます。

タイトルの文字数

タイトルの文字数は28~32文字が望ましいと言われていました。

現在は、スマホユーザーがアクセスするケースが非常に多く、スマホの場合は40文字程度は表示されます。

検索ユーザーが読みたくなるタイトルにすることを優先し、32文字に無理に抑えず、40文字程度まではOKでしょう。

タイトルに盛り込むキーワード

あなたのサイトのタイトルが検索結果に表示されることが大切です。

Yahoo!でメインキーワードを検索し、表示される虫眼鏡キーワードの2語、3語をタイトルに盛り込むようにしましょう。

例えば、「夏休み」で記事を作成する場合、Yahoo!の下段に

虫眼鏡夏休み 家族旅行 おすすめ

夏休み 自由研究
夏休み 子供 体験
夏休み イラスト
夏休み お出かけ
夏休み 工作
夏休み イベント
夏休み いつから
夏休み 映画
夏休み工作などが表示されます。

このキーワードの中から、あなたが書きたい内容に合致するものがあれば、そのキーワードを使います。

表示されない場合は、キーワードを変えて再検索します。

アイキャッチ画像

検索ユーザーの興味を惹くにはアイキャッチ画像を載せましょう。

写真は文字の何万倍も情報を伝えます。

気になる画像があると、先まで読みたくなりますよね。

画像は検索ユーザーに読んで頂く効果が絶大ですので、盛り込むようにしましょう。

著作権には留意し、著作権フリーの画像を使います。

画像の取得サイトは、こちらにまとめました。

リード(冒頭文)

冒頭文は、タイトルに対する答えが書かれていることをしっかり検索ユーザーに伝えることが必要です。

どんなに良い内容を書いても、読まれなければ無いも同然です。

タイトルを見た検索ユーザーは、知りたい内容があるはずです。

その内容が書かれていることをわかりやすく記載しましょう。

「夏休み 家族旅行におすすめ5選」をタイトルにすると

子どもたちが楽しみにしている夏休み。家族旅行で子供たちに素敵な体験をさせたいですよね。

そこで、夏休みの家族旅行におすすめの観光地5選をご紹介します。

というように、タイトルのキーワードをリードに盛り込みながら、タイトルに対する答えがかかれていることをわかりやすく伝えます。

冒頭文の文字数は、3行から5行程度で十分です。

長すぎず、かつ書かれている内容が読む価値があることをしっかり伝えましょう。

目次

最初の見出しの前に目次を表示します。

書かれている内容が一目でわかるので、検索ユーザーに最後まで読んでい頂ける可能性が高まります。

WordPressなら、「Table of Contents Plus」などプラグインで簡単に目次が設定出来ます。

見出し

記事にする情報をいくつかのブロックに分けて、各ブロックの内容がわかる見出しを書きます。

見出しに出来れば、タイトルに盛り込めなかったキーワードを盛り込むと、サイトを上位表示するのに有効です。

見出しには装飾を付けます。

見出しの設定には、Hタグと呼ばれるタグで見出しを設定します。

見出しの設定には、Hタグを順序よく入れ子にして記載します。

’<H2>最初の小見出し</h2>
’<H3>……</h3>
’<H4>……</h4>

’<H2>2番目の小見出し</h2>
’<H3>……</h3>
’<H4>……</h4>

Hタグで見出しを設定するのは、見出しを装飾して検索ユーザーにわかりやすくすることだけではありません。

Googleにこのサイトの構成はこうなっていますと説明するために、Hタグを順序よく使用する必要があります。

上位表示するために、Hタグは2から順序よく使いましょう。

見出しの本文

見出しに関する情報をわかりやすく記載します。

また、検索ユーザーが求めている情報を網羅して記載しましょう。

わかりやすく書くとは

行間を広くとり、読みやすくする

句読点や顔文字を使いすぎない

お店などはGoogle Mapなど地図を記載するとなお良いです。

特に、

行間は段落と段落の間は3行空ける

2行から3行書いたら、1行空ける

という書き方をするとリズムが生まれます。

また、検索ユーザーが再検索しないように、情報を網羅して書くことを意識しましょう。

まとめ

さいごに「まとめ」という見出しをつけ、情報を要約する内容でまとめを記載します。

自分なりの定番の締め文句を記載するのもおすすめです。

今回は●●についてご紹介しました。

ご参考になれば幸いです。

ではまた。

みたいな定番の結びの言葉を決めておくと、あなたの味がでますね。

Meta Description(メタディスクリプション)を記載

メタディスクリプションは、検索結果のタイトルの下に記載される記事の説明文です。

この内容をキチンと記載するようにしましょう。

まずは、テンプレートに従って、文字数 1,000文字以上で書いてみましょう。

反応を見ながら改善していくと読まれる記事が書けますよ。

次は、写真やイラストを入れて、アドセンス広告を掲載出来る価値あるサイト作りを目指しましょう。

素材無料サイト著作権フリーのアイキャッチ画像に最適なおしゃれな写真

1 COMMENT

FuGu21

こんにちは。
最近アフィリエイトの勉強を始めました。
記事を漫然と書いていましたが、記事を書く上での注意点が分かり易かったです!
ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA