米国流キラー記事を書くポイント

キラー記事の書き方

私が米国のブロガーの中で、学ばせて頂いている方がいます。

その方は、Ruth Soukupさんというブロガーで、あの”New York Times”でベストセラーとなった方です。

【ご参考】Ruth Soukupさんのtwitter:https://twitter.com/ruthsoukup

Ruth Soukupさんが書かれた名著「How to Blog for Profit」から、「How to Write a Killer Blog Post」つまり、「キラー記事の書き方」をご紹介します。

説明文はジンさんが読者様にわかりやすいように、日本にあった内容に修正・追加・改変しています。

キラー記事のポイントを参考に、いくつかのポイントをあなたの記事に取り入れてみてくださいね。

キラーポストに含まれるポイント

1.ポイントを明確にする

ワンフレーズに要約できるよう明確にします。

2.感情を揺さぶる

読者が楽しいとか怒りとかの感情を呼び起こします。

3.簡単に読めること

記事は明確で、要約されていることが必要です。

コツは
・短い段落にまとめる
・ヘッダーやリードにポイントを記載する

4.簡潔に書く

DIYのやり方や料理のレシピや有益情報であれば、ステップ・バイ・テップで読者が追体験できるようにまとめる。

つまり、複雑な工程を細かく分けて、読者様がわかりやすいように1Stepづつ説明するのがオススメです。

5.議論させる

キラーブログは、読者様に1つか2つの反応を強いります。
ニュートラルな立場はつまらないブログなります。
読者があなたを嫌う反応を示すことは、キラー記事としては、むしろ喜ばしいことです。

6.視覚に訴えよう

キラー記事は、人目をひく画像が掲載されています。
例えば、PinterestやInstagramの画像が参考になります。

7.難しい複雑な言葉を使わない

簡単な言葉で説明できる場合は、簡潔に書く。
難しいなぁと思ったら、類義語辞典で易しい言葉にしていきましょう。

8.「WOW(ワォ)」と言わせよう

日本であれば、「なるほど」「へぇーそうなんだ」という言葉を読者様が発してくれるようにしましょう。

9.読者の為になる記事

キラー記事は、あなたが主役ではありません。
あなたのしたことのシェアかもしれませんが、ブログ読者様が「自分でも出来る」と感じるように明確なテクニック、有益情報、作業手順を提供しましょう。

10.オリジナリティのある興味をそそる記事

キラー記事はあたらしいことを伝えています。
独自の視点だったり、読者様が思いつきもしなかった悩みの解決方法だったりです。

あなたのブログ記事の参考になれば幸いです。

1 COMMENT

FuGu21

こんにちは。
キラー記事の書き方、ワンフレーズに集約できる様にする、というのは重要だと思いました。
とても勉強になりました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA