音声入力するにはiPhoneとRemote Mouse|どちらがオススメ?

リモートマウス

 

記事を書くスピードを早くできないか、iPhoneを使用した音声入力とともに、勝間和代さんが推薦していたRemote Mouseを使って、入力時間が短縮できるか検証してみました。

音声入力の方法とPCで編集する観点でご紹介します。

iPhoneで音声入力

iPhoneで音声入力入力するには、キーボードで音声入力をオンにします。

ホーム画面から「設定」を起動し、「一般」をタップし、キーボードを選択。

「音声入力」がオフならオンに変更。

 

 

リモートマウス

 

更に、キーオードの「音声入力言語」の英語をオフに変更。

英語がオンのままだと、英語への翻訳が入り、変換精度が悪くなります。

 

リモートマウス

 

使い方は、純正のメモ帳のマイクボタンを押し、話しかけてみると、音声がどんどん日本語に書き起こされます。

iPhineの良いところは、改行や句読点が口頭で指示できるとこ。

これはとっても凄いことですよね。

句読点や書式設定のコマンド

かぎかっこ/かぎかっこ閉じる ➔ 「 および 」を挿入
マル ➔ 。を挿入
改行 ➔ 改行を挿入
点 ➔ 、を挿入
びっくりマーク ➔ ! を挿入
スマイリー ➔ :-) を挿入
しかめっ面 ➔ :-( を挿入
ウインク ➔ ;-) を挿入

iPhoneの変換精度は良いとは言え、修正が必要になります。

やはりPCで修正をしたいところです。

iPhoneのメモ帳をPCに転送するのは手間なので、アプリがないか調べました。

記事を書く時間を効率化するツール Remote Mouse

Remote Mouseの公式ページにアクセスし、PC用のソフトを無料でダウンロード。

Apple StoreでRemote Mouseをダウンロードし、セッティング。

セッティングと言っても、PCとiPhoneを同じWiFiで繋ぐだけでOK。

ファイルのアイコンをタップすると、音声入力を送り込むソフトが指定できます。

リモートマウス

 

 

今回はテキストファイルに転送します。

iPhoneの音声入力と同様にマイクで録音。

 

キーボードのマークを押すと、キーボードが現れますので、送信をタップ。

リモートマウス

 

 

メモ帳に文章が送信されました。

これを修正すれば完了です。

Remote Mouseという名前の通り、iPhoneがPCのマウスになります。

スマホでPCの電源も切れます。

便利ではありますが、どうでもいい機能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA